Woodbell Moto Modeling 制作記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マウスピース制作(Comoy's SPECIMEN)
2011年 01月 26日 (水) 21:11 | 編集
STEP 01 (2011/01/26)

模型、バイク以外の趣味としてパイプスモーキングがあります。
嗜好と云った方が良いかもしれませんが、そこで最近ハマっているのが
パイプのレストアとかリプレイス、オリジナルハンドメイドの制作です。
オリジナルはまだ作った事ありませんが、、、、(爆)

そこで場違いかもしれませんが、同じ自分の趣味制作ということで
ここに記録として残しておこうと思います。

今回は、Comoy's Specimen #83のマウスピース制作です。
喫味の大好きなComoy、それもSpecimenというあまりお目にかからない
個人オーダー品で1960~1970年代(たぶん)のパイプです。
シェイプはブランデー、サイズは大きく、ボウル底部で約57/mmほどあり全長は158/mm。
なのに、MP(以下マウスピース)はいささか脆弱というか、ただでさえ重いパイプなのに
くわえていて非常に不安定。

P1050631.jpg


「じゃ~作ってしまえ~っ」って事で早速素材のエボナイト棒を調達。

日本国内では唯一の日興エボナイトに行って直販して頂きました。
とても親切にして頂き、2.2/mmの極細エボも頂いちゃいました。
購入したのは25/mm X 1000/mmの丸棒。

まずは簡単な図面を書きます。
P1050634.jpg
目指すは、Duhill LBの予定、、、。

素材をカット、基本は硬質なゴムなので簡単にカット出来ます。

P1050657.jpg

ダボ部分を旋盤で曵きます。

P1050677.jpg

サイズ通りピッタリ作るのが良いに決まってますが、0.2/mmほど小さくなっても
裏技で何とかなります。それはいずれ、、、、。

ほぼサイズ通りできあした~。

P1050643.jpg

次はいよいよシェイプ、ビリヤード!むずかしそう、、、。
クラシックシェイプって技量が問われます、、、と思います。

大まかな型を出すため電動ドリルを利用しました。
下の黒い箱は100円ショップで買ったゴミ箱、底に掃除機の管が入る穴をあけ
簡易ダスターの完成。

P1050649.jpg


センター出しと様々な目安をマスキングテープで

P1050658.jpg

荒削り終了。
微調やバフかけでどうしても痩せてしまうので、この時点で、
シャンクより0.3~0.5/mmほど外周を太くしておきます。

P1050650.jpg

ココからが大変、やすり、ルーター、サンドペーパー(#180~#2000)を駆使して
ひたすらイメージに近づけます。
この時点でもまだシャンクより太めです。


P1050652.jpg

やや太いのが確認出来ます。
シャンク部分に手をつける事ができないので、ピッタリで作ってしまうとペーパーで
艶を出していく時点でシャンクより細くなってしまいます。

P1050653.jpg

煙道は3.5/mm~2.5/mmのテーパーであけ、段差もヤスリでシコシコ
ビット部分もリュータートヤスリで。
 P1050659.jpg


次にコモイロゴの制作です。
ご存知3ピースインレイロゴ。

年代によってロゴの大きさが違いますが今回は古いタイプで小さいロゴにします。
2.5/mmのプラパイプを用意しました。
まずプラパイプの穴が1.3/mmくらいですので、これを1.5/mmのバイスで広げます。

次に、ブラックの1.5/mmプラ棒が必要なのですが,これはどこにも売ってません。
そこで、プラモデルのブラックパーツのランナーを使用して、
昔懐かしい技「延ばしランナー」を作りましょうwww

P1050663.jpg
P1050664.jpg

これもやや太めの所を使用します。真円がでていないためカットしリュウターに銜えて
1.5/mmまでサンディングし、瞬間接着剤を塗ってプラパイプに挿入。

P1050665.jpg

マウスピースの適当な所に2.5/mmのバイスで穴をあけます。
この時、いきなり2.5ではなく、0.5くらいから広げていった方が良いかと、、。

P1050661.jpg

完成したプラパイプを黒の瞬間接着剤を塗ってつきさしたらカットしサンディング。

P1050662.jpg

この時点でOマーくが出来ました。
これをCにすべく先ほどの1.5/mmの黒プラ棒で埋める訳ですが、
「O」マークの境目に0.5/mmのバイスをゆっくり立てていき1.0~1.5/mmと広げていきます。
そしてこれも同様に黒の瞬間接着剤を塗ってつきさしたらカットしサンディング。

P1050666.jpg

で完成!!!!

P1050667.jpg

後は磨き倒して、ピアノブラックまでもっていきましょう!!

本体とドッキング
P1050669.jpg
P1050670.jpg

まだ完全なテーパーになっていないので天地をサンディングした方が良さそうです。

ですが、どうもバランスが悪い、というかイメージと違う、というかブランデーと似合わない、
気がします、、、、、。センスの悪さはしょうがない、、。
デザイン力の無さに、、ガックリ。

そこでOBさんに相談しよう、そうしようということに、、、。
さすがです!!ささっとデザイン画をアップしてくれました。

作り直したのがこれだぁ~!!

P1050673.jpg
P1050676.jpg

むっちり、短足なのに、カッコかわいい!!

喫味は問題なかったのでこのステムでいきなりハードローテに加わりました!!

この過程は全くの我流です、参考にるかどうかは保証の限りではありませんWWW.


STEP 02 (2011/01/31)

せっかく作ったステムに穴が、、、、、(爆)追い込み過ぎました。

scaled.jpg

OBさんからこんな資料も頂き

229973703.jpg

結局、ビットからの煙道を0.3/mm細くして2.2/mmで開口
リップボタンを1.0/mm厚く、全長を2.0/mm延長し
ステム全体をもう少しうすくし作り直しました。
このあたりはトライ&エラーの繰り返しでしょう、、、、。

P1050689.jpg

前作よりも安定感が出て、いいかもwww

ついでに前々回作っていたビリヤードはベントタイプに変更。
ステム前底部をもう少しテーパーに削った方が良いですな。
写真に写してみて判明する事が多々ありますwww
重いが故、これが一番安定していますがちょっとダサイか、、、。


P1050691.jpg




ところで話が前後しますが、ステム作りのきっかけは、Kevin Arthurのこのパイプ。

P1050687.jpg

e-bayオークション(Unsmoke)で入手し喫味もフローも一服目から満足、
リーズナブルだったこともあり「いい買い物したなぁ~」と
一人ほくそ笑んでいたのですが、ステムの幅が広すぎるのと
せっかくの煙突がもっと鼻に近い所に、、、という妄想がふつふつと、、、

「作ってみようかなぁ~」と軽い気持ちで、日興エボナイトに出向いたのが最初でした。

完成がこれ、、、。

写真.JPG01


P1050686.jpg

サイズはビル シャロスキーのノーズウォーマーのステムと
煙道はオリジナルステムと同サイズにしました。
思いのほか、出来のよさにすっかりご満悦状態wwwwwwwwwで調子に乗ってしまったんです。(大笑)
アルミのオリジナルインレイロゴまで、、、アホ



そして先週土曜日(1/29)、1年程前に購入していた穴あき原木があったのを思い出し
早朝から「パイプ作ろっ!!」
とガバッとベットから飛び降りパジャマのままで制作開始。

この原木がひどい有様で削っていくとあちらこちらにフシというのか、
明らかに不良品、、、、。
いきなりテンションが下がりまくり。。。。。。。(泣)
とてもスムース状態ではカワイソ過ぎるので、リューターで適当にラスティック。
ステムは作り直しましたが、気にくわない。
でも、まぁ最後まで完成させました。

記念すべき初パイプ、

写真

ショートスモーク用(30~40分)として作りその部分はほぼいい感じなのですが
喫味が「まじいーーーーっ」辛いし尖ってるしと
良いとこなし、、、、(爆)カーボンつくまで気長にやってみようとは思いますが
劇的な変化は期待薄ということで、、、、、、、、、。




最後の話題はこれだぁ~~~!

P1050684.jpg

桜の枝です。現在エアキュア中です(笑)

パイプ制作に使用する訳ではなく、タンパー、継ぎ木として使おうかと思案中っすWWWWWWWWWWWW
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
素晴らしいガイド記事ありがとうございます
ビンテージパイプ関連で色々なノウハウの公開はあれど、さすがに今までエボ丸棒からステムを削りだした人は見たことがありませんでした(笑)

woodbellさんのように製作環境が充実している人はなかなかいらっしゃらないとは思いますが、それでもリプレイスメント・ステムに挑戦しようとする人の大いなる参考になるのではないでしょうか。

ご無礼かもしれませんが、後ほどウチのサイトから当エントリへのリンクを貼らせて頂いてよろしいでしょうか。
2011/ 01/ 27 (木) 09: 57: 37 | URL | oldbriars # SFo5/nok[ 編集 ]
Re: 素晴らしいガイド記事ありがとうございます
>oldbriarsさん

恐れ入ります、、、。パイプのサイトではありませんが是非相互リンクお願い致します。
今後ともよろしくです。
2011/ 01/ 27 (木) 15: 25: 08 | URL | Woodbell Moto # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Woodbell Moto Modeling 制作記 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。