FC2ブログ
Woodbell Moto Modeling 制作記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kawasaki ZX-RR '08 (1/12)
2009年 06月 10日 (水) 17:37 | 編集
STEP 1

現在ヨーロッパを中心に7カ国からキットのオーダーを頂いています。。
There was the order for kit from 7 countries around Europe,now

「英語でも書いてほしい」とリクエストがありましたが、
無理です、(情けない、、、。)
"I want you to write it in English ", that there was request, but it is
impossible,( I am poor english)

申し訳ありませんが、翻訳ソフトを使用してください。
Please use translation software.

よろしくお願いします。
Best regards.

-------------------------------------------------------------------------------------------------

100年に1度と云われている、不景気のあおりを受けて
カワサキがMOTO GP撤退のニュースが流れたのが1月。
しかしハヤテレーシングがマルコと1年契約で
Kawasakiを走らせる事になり、取りあえずは国内4メーカーは
MotoGPで見られる事にまりました。

そんな事もあって、ZX-RRの最終型を制作しようと思い
制作を始めたのですがある方から「売ってみたら?」のささやきに
乗ってしまいました。私の初トランスキットです。
突っ込みどころ満載ですし、「なんで?」と今更ながら
自分でも思っているところがあります。
気になるところはどんどん変更して頂いて結構ですので
よろしくお願い致します。

早速ですが、制作に入って参ります。
まずはパーツの確認を、

レジンパーツX32、バキュームスクリーン、デカール、ミラーデカール
ゴムシート、ゴムシート用マスキング各X1

<下準備>
レジンパーツは脱脂してください。
中性洗剤で洗う、脱脂剤に浸ける、サンディングするいずれの方法でも可ですが
自分は脱脂剤に浸けて歯ブラシでゴシゴシしてます。

P1040676.jpg

気泡、バリ等がありましたら養生してサフを吹きます。
下地にホワイトを塗っておくと発色がよくなります。

P1040735.jpg

<エンジン&フレーム>
キットのエンジンにT社のパーツを組み込みます。

P1040656.jpg

塗装します。

P1040736.jpg

フレームも同様に

P1040653.jpg
P1040655.jpg

キットのラジエターは赤線の部分で切り取ってください。

P1040666_ラジエター

それらを組み込みます。

P1040737.jpg

<サスペンション>

リアサスのパーツに1.0/mmのバイスで貫通させ、1.0/mm X 20/mmの洋白線を
さしてリアサスペンションを完成させます。

P1040659.jpg
P1040661.jpg
P1040665.jpg

<マフラー>
分割されてますので仮組みをよくしてから接着しパテ等で
繋ぎ目を消してください。
フレームとの結合部分は表からヒートガード、フレーム、マフラーの順で
ネジ留めしてください。
P1040667.jpg


フロントのリザバーは2.5/mm X 14/mmのプラ棒で代用するか
T社キットパーツに2.0/mmのアルミパイプを足して調整します。

P1040670.jpg

フロントフォーク、ブレーキディスク等を組み込んで自立させます。

フロントフォークの塗装はアウターはブラックを下地にクロムシルバーを塗ってから
クリアーオレンジで調子を見ながら色を合わせていきます。
インナーは金ぴかメッキテープで。

P1040741.jpg

アクセルワイヤーはキットでは上から出ていますが、'08は下から出ています。

P1040742.jpg

<シート>
ゴムシートになるべく薄い両面テープ(紙)をシートマスクより
大きめに貼ります。
その上にシートマスクをのせて、ゴムシートとずれないように貼りカットします。

P1040764.jpg
P1040765.jpg
P1040766.jpg
P1040768.jpg

<デカール>
T社の物と併用致します。今回は、綾織りカーボンデカールのS(Studio 27)を
使用致しましたが当然塗装でも問題ありません。

ミラーデカールで「はがれ」があるのが一部見られますが
制作上の問題はありません。
ミラーデカールの上から、ナンバーデカールを貼る事により
クリアーをかける事ができます。(ウレタン可)
P1040752.jpg
P1040753.jpg
P1040754.jpg
P1040755.jpg
P1040756.jpg
P1040763.jpg
P1040758.jpg
P1040759.jpg
P1040760.jpg
P1040761.jpg

<ストリップ>
P1040767.jpg
P1040772.jpg

<完成写真>

IMG_0364.jpg
IMG_0372.jpg
IMG_0359_2.jpg
IMG_0360.jpg

ゲッ!! ここにきてフロントリザーバーにオーリンズのデカールを
張るのを忘れております。
T社の物を使用してくださいm(_ _)m




IMG_1363-5f18b.jpg









スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Woodbell Moto Modeling 制作記 all rights reserved.
designed by polepole...

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。